2023年 第5期 テキサスホールデム ポーカー名人戦 【完全ガイド】

テキサスホールデムポーカー名人戦2023年 第5期 【完全ガイド】

熱き戦いの舞台、テキサスホールデムポーカー名人戦2023が、2023年12月23日(土)よりいよいよ開催されます!この大会は日本最高峰のポーカープレイヤーたちが集う、戦略と技術の競演です。今回の大会は、従来の9つのタイトル戦に加え、4つの新設タイトル戦が特別な魅力を放っています。

このガイドは、テキサスホールデムポーカー名人戦を日本一わかりやすく解説したガイド記事です。

代官山のCARATO71で行われる熱戦の日々、YouTube Live特設チャンネルでの実況生配信、そして全国のサテライト店舗での観戦と、さまざまな方法でこの舞台の緊張感を体感できます。

プレイヤーたちの技とプライドが交錯する名人戦、その全てをこのガイドブックでお楽しみください!

2023年 第5期 テキサスホールデムポーカー名人戦【完全ガイド】

2023年の大会概要

2023年のテキサスホールデムポーカー名人戦は、日本最高峰のプレイヤーたちがそのプライドを賭けて挑むポーカートーナメントとして、代官山イベントスペース”CARATO71”で開催されます。名人戦本戦は、The Hendon Mob Japan All Time Money Listの上位100位以内のプレイヤー、ポーカー普及に貢献した著名人や協賛社、他のタイトル戦の上位者など、限られた参加資格を持つ強豪たちによって争われます。

2023年 第5期 テキサスホールデムポーカー大会の見どころ

新設されたタイトル戦: 2023年の大会では、9つの既存タイトル戦に加えて、4つの新設タイトル戦が加わりました。これには最高峰タッグ戦「双穹」、怪物ルーキー発掘トーナメント「新星」、今年最強を決める大会「今年壱」、そしてMIXゲームH.O.R.S.Eのトーナメント「千里」が含まれます​​。

双穹(そうきゅう)

最高峰のタッグチーム戦で、チームプレイと戦略が重要。

新星(しんせい)

ポーカー歴3年以内のルーキー発掘トーナメント。新たな才能の登場に期待。

今年壱(ことしいち)

その年の最強プレイヤーを決定する大会。高い競争力が特徴。

千里(せんり)

多様なポーカー形式を組み合わせたイベント。プレイヤーの多才さと洞察力が試される。

新タイトル総括

これらのトーナメントは、プレイヤーの技術、戦略、そして精神的な強さを試す舞台です。詳細は、各イベントのウェブページでご確認ください。また、本記事の後半で全タイトルの詳しい解説をしていますので、こちらもあわせてご覧ください。

全タイトルを詳しく見る

麒麟児戦の進化

人気の「麒麟児戦」は、直近3年間の国内外50エントリー以上のライブトーナメント優勝経験者のみが出場できるトーナメントで、今年から待望の3日間トーナメントへと進化しました​​​​。

上位入賞者への特典: 大会上位者には、海外ポーカー大会への出場権や渡航補助が提供されるなど、国際舞台での活躍を目指すプレイヤーにとって重要なステップとなります。

2023年 第5期 テキサスホールデムポーカー名人戦【完全ガイド】

注目のトッププレイヤー

2023年のテキサスホールデムポーカー名人戦に参加する18人のトッププレイヤーの詳細に紹介します。

 

鈴木 拓也 - Takuya Suzuki

KK POKER 公式サイトより

鈴木拓也さんは、日本のプロポーカープレイヤーで、そのキャリアは多岐に渡ります。彼は主に海外のライブポーカートーナメントで活躍しており、過去12年間でマカオ、韓国、アメリカなどで349,000ドル以上の賞金を獲得しています。

2016年には、ラスベガスで開催されたWSOP $1,500 No-Limit Hold’emのファイナルテーブルに進出するなど、国際的なトーナメントでの成功も収めています​​​​。

彼のポーカーへの情熱は、若い頃の世界選手権でプロポーカープレイヤーの存在を知り、憧れを持ったことから始まりました。プロとしてのキャリアは、韓国の名門e-Sportsチームに所属したことがきっかけでした。

この経験は、彼のメディア対応やプロとしての活動の基礎を築くのに役立ちました​​​​。

プロフィール詳細

糀屋 総一朗 - Soichiro Kojiya

糀屋総一朗(Soichiro Kojiya)さんは、日本のプロポーカープレイヤーであり、多彩な経歴を持つ事業家です。1978年、福井県武生市に生まれ、飛騨高山で育ちました。

彼は慶應義塾大学法学部法律学科を卒業し、その後早稲田大学大学院ファイナンス研究科を修了しました。大学卒業後は不動産の買取業務に従事し、東京フィナンシャル・アドバイザーズ株式会社に入社。その後リーマン・ブラザーズ証券再生処理チームに出向し、キャッシュフロー管理を担当しました​​。

2009年には株式会社KIRIAGERUを設立し、レンタルスペース事業や飲食事業、家具販売事業、不動産投資を展開しました。2018年にはCommon Future & Co.株式会社を設立し、地域創生のためのファンド「エリアリノベーションファンド」の組成に貢献しました。また、福岡県宗像市大島で1日1組限定の宿「MINAWA」など地域の魅力を価値化する産業を創出し、地域経済の活性化に努めています​​​​。

プロフィール詳細

Hiroshi Nishiyama

Hiroshi Nishiyamaさんは、中央区、日本出身の強力なプロポーカープレイヤーです。彼はポーカートーナメントで350,262ドル以上の賞金を獲得しています。

彼の最近の公の出演は2022年8月21日で、そこで彼はバルセロナで開催されたヨーロピアンポーカーツアーのイベントで€9,220を獲得しました​​。また、彼のトータルのライフタイムの収入は375,292ドルで、最後のキャッシュは2023年9月26日に$1,081でした​​。

プロフィール詳細

Koichi Nozaki

Koichi Nozakiさんは、日本を代表するプロポーカープレイヤーの一人です。彼のポーカー歴は2015年から始まり、その間に数々のトーナメントで優れた成績を収めてきました。特に、2015年5月に行われたEuropean Poker Tour(EPT)のメインイベントで8位入賞し、$135,442の賞金を獲得したことが彼のキャリアのハイライトの一つです​​。

彼のポーカーにおけるトータルの獲得賞金は、$371,250以上に上ります。これには、ラスベガス、ロサンゼルス、マニラ、ソウル、マカオなど、世界各地でのポーカートーナメントでの成功が含まれています​​。

プロフィール詳細

岡田 健 - Ken ‘KING’ Okada

POKER MEDIA Australia LIVE REPORTING: WPT Australia High Roller Day 2

Ken "KING" Okada(岡田健)さんは、日本のプロポーカープレイヤーとして国際的なトーナメントで活躍しています。彼は特に「KING」というポーカー名で知られており、そのキャリアはかなりの成功を収めています。

彼のポーカーでの総収入は、約391,806ドル以上に上ります。この金額には、様々な国際的なポーカーイベントでの彼の参加と成功が含まれています。最近の出場イベントとしては、2021年のワールドシリーズオブポーカー(WSOP)オンラインイベントや、ワールドポーカーツアー(WPT)ジャパンなどがあります​​。

プロフィール詳細

前田亜津佐 - Azusa Maeda

Pokernews2023公式サイトより

Pokernews2023公式サイトより

前田亜津佐さんは日本を代表するポーカープレイヤーで、そのキャリアは多くの著名なトーナメントでの成功によって特徴づけられています。

彼は2015年にマニラで開催されたアジアンポーカーツアー(APT)でのいくつかのイベントで優れた成績を収めており、特にハイローラーズイベントで3位、ディープスタックターボで9位、ポットリミットオマハで5位、そしてオープンフェイスパイナップル中国ポーカーでの優勝が目立ちます。

また、同年のAPTフィリピンシリーズではメインイベントで2位、APTベトナムでは2つのイベントでそれぞれ2位と優勝を飾っています。これらの成績は、前田さんが多様なポーカー形式で一貫した実力を発揮していることを示しています。

プロフィール詳細

北嶋 隼人 - Hayato Kitajima

北嶋隼人| Hayato Kitajima 公式Xより

北嶋隼人| Hayato Kitajima 公式Xより

Hayato Kitajima 北嶋 隼人さんは、日本のプロポーカープレイヤーで、国際的なポーカーイベントでの活躍が注目されています。ポーカーにおける生涯獲得賞金は約509,095ドル、彼の最高のライブキャッシュは84,755ドルで、これまでに様々な国際的なポーカーイベントで数多くのキャッシュを記録しています。

2022年の世界シリーズオブポーカー(WSOP)では、北嶋さんはいくつかのイベントでITM(In The Money、賞金獲得圏内)を達成しました。特に、彼はWSOPの#68と#70 MAIN EVENTでITMを果たし、Day1Bから勝ち上がりDay4に進出しました。これらの成果により、彼は2022年のWSOPで日本人プレイヤーの中で目立った存在感を放ちました​​。

また、彼は2023年のヨーロピアンポーカーツアー(EPT)モンテカルロにも参加し、高額の参加費を要するポットリミットオマハ(PLO)トーナメントでITMを果たしました。

北嶋さんはこのイベントで10位に入賞し、€9,600の賞金を獲得しました。彼は主にノーリミットホールデム(NLH)で活躍していますが、PLOなど他のポーカーバリエーションでも成果を上げています​​。

プロフィール詳細

Kunimaro Kojo

Kunimaro Kojo(香城 国麿)さんは、日本のプロポーカープレイヤーで、国内外のポーカートーナメントでの活躍が注目されています。彼は開成高校と東京大学を卒業した高学歴の持ち主で、数々の海外トーナメントで優勝や入賞を果たしてきました。

特に、PokerStars Caribbean Adventureでの$5,000 + 200 No Limit Hold’em – 8 Max Turboでの1位や、EPT Deauvilleでの€5,000 + 300 No Limit Hold’em – Heads-Upでの1位などが彼の実績の一部として挙げられます​​。

2017年からはアミューズメントポーカーの分野に注目し、日本国内のアミューズメントカジノでの活動を開始しました。Kojoさんは、アミューズメントカジノでのポーカーにおけるレベルの高さと楽しさに魅了され、トーナメントにおける達成感や友情を重視するようになったと述べています。彼はキャッシュゲームからトーナメントへの移行に伴い、ポーカーにおける喜びやコミュニティの重要性を再発見し、その楽しさに引き込まれたと語っています​​。

プロフィール詳細

Takao Shimizu

WSOP.com Takao Shimizuより

Takao Shimizuさんは、日本のプロポーカープレイヤーとして活躍していることがわかります。彼のポーカーにおけるキャリアは国際的なものであり、数々の大会での成功が記録されています。

特に、彼は2019年11月にフィリピンのマニラで開催されたマニラオープンポーカーツアー(MOPT)のHigh Rollerイベントで1位になり、$38,256の賞金を獲得しています。また、同年10月には東京で行われた日本オープンポーカーツアー(JOPT)のPlatinumイベントでも1位に輝きました。これらの成績は、彼のポーカーでの実力と経験の深さを示しています​​。

ShimizuさんのWorld Poker Tour(WPT)でのキャリアも注目に値します。WPTでの彼のキャリア総収入は$76,185で、これまでに2回のキャッシュを達成しています。しかし、まだファイナルテーブルやタイトル獲得はありません​​。

プロフィール詳細

Hiroyuki Noda

WSOP.comHiroyuki Noda

WSOP.comHiroyuki Noda

Hiroyuki Noda(野田裕之)さんは、日本を代表するプロポーカープレイヤーとして知られています。彼は2014年に日本ポーカー協会から推薦され、以降国際的な大会で活躍しています。フィリピン、マカオ、韓国、アメリカ、オーストラリア、マルタ共和国、チェコなど、世界各国での大会に参加しています。

彼の最大の賞金獲得は、2018年9月1日に行われたヨーロッパポーカーツアーのEPTバルセロナでの€25,000 No Limit Hold'emイベントでの1位で、獲得賞金は€370,300(約$431,092)でした。最近の賞金獲得は、2020年2月26日に行われたワールドポーカーツアーのWPT LAポーカークラシックでの$2,140 No Limit Hold'emイベントでの2位で、賞金は$37,410でした​​。

彼は様々な大会で複数の成功を収めています。2019年の第50回ワールドシリーズオブポーカー(WSOP)では1427位に入り、賞金$1,331を獲得しました。また、2019年3月のアジアポーカーツアー(APT)台湾では、NT$5,000 + 500 No Limit Hold'emのディープスタックハイパーターボイベントで1位になり、賞金NT$106,800(約$3,462)を獲得しています。その他、EPTモンテカルロやEPTプラハなどヨーロッパの大会でも複数の上位入賞を果たしています​​。

プロフィール詳細

石田 有里 - Yuri Ishida

WPT公式サイトより

Yuri Ishida 石田 有里さんは、日本を代表する女性プロポーカープレイヤーです。彼女は神戸出身で、神戸松蔭女子学院大学を卒業後、国際プロディーラー学科で賭博に関する知識を身につけました。

卒業後は海外でカジノディーラーとしてのキャリアをスタートし、その後ポーカーの魅力に惹かれて2012年から本格的にポーカープレイヤーとしての活動を開始しました​​。

彼女のキャリアは、世界15カ国での優勝を含む、国際舞台での成功に彩られています。2015年には日本人女性ポーカープレイヤーの獲得賞金ランキングで1位になり、その総賞金額は$480,336(約5千3百万円)に達しています​​。

石田さんはマレーシアを拠点に活動しており、旅行をしながら世界各国の大会に参加しています。彼女は4歳の娘さんと一緒に地球3周以上をする「旅育マスター」としても広く知られています​​。

プロフィール詳細

Daisuke Ogita

POKERSTARS DAISUKE OGITA REMPORTE LE PLUS GROS FPS DE L’HISTOIRE

Daisuke Ogitaさん、ポーカーファンの間で広く知られている名前 "JOE" さんは、日本のプロポーカープレイヤーとしての地位を確立しています。

彼のポーカーでの成功は、特に最近の大きな成果である2023年のEPTパリでの€5,150 6-Maxイベントでの€111,000の勝利によって強調されています。この勝利は彼を日本のオールタイムマネーウィナートップ10に押し上げるものでした​​。

彼の最大の勝利の一つは、EPTモンテカルロでの€1,100 FPSメインイベントでの優勝であり、€307,160の賞金を獲得しました。この大会では、彼は終始堅実なプレーを披露し、最終的にフランスのRubens Sellamをヘッズアップで破りました​​。

さらに、彼はテキサスホールデムポーカー名人戦の麒麟児位においても活躍しており、日本国内のポーカーシーンで目立つ存在となっています​​。

プロフィール詳細

中村 多聞 - Tamon Nakamura

Tamon Nakamura(中村 多聞)公式Xより

Tamon Nakamura(中村 多聞)さんは、日本を代表するプロポーカープレイヤーであり、その実力は国際的な大会での複数の成功によって証明されています。彼は特に2022年にPokerGO TourのU.S. Poker Openで大きな成功を収め、二つのイベントで優勝しました。一つは$15,000の8-Game Mixで、賞金として$239,700を獲得。もう一つは$10,000のBig Bet Mixで、こちらの賞金は$169,600でした​​​​。

Nakamuraさんのプロフィールを見ると、彼のポーカーにおける経歴はかなり印象的です。彼の総獲得賞金は$1,251,960を超え、多くの国際大会で高い順位を獲得しています。

例えば、2022年のWorld Series of Poker(WSOP)では$1,500のH.O.R.S.E.イベントで8位となり、$19,373の賞金を獲得しました。また、Asia Pacific Poker Tour - APPT Manilaの₱100,000 No Limit Hold'em - Shot Clock - Freezeoutイベントでは3位に入り、₱305,300(約$5,517)を獲得しています​​。

プロフィール詳細

Shimizu Nozomu

Nozomu Shimizu

出典:WSOP.com

清水望、愛称「LASONE」さんは、日本のプロポーカープレイヤーとして国際的な舞台で活躍しています。彼はポーカープレイヤーとしてだけでなく、事業家としても知られており、かつてIT企業「株式会社ラストワンマイル」を株式上場させた経験を持ちます。2022年には「株式会社ギブファースト」の代表に就任し、ポーカーを軸にした事業を展開しています​​。

ポーカーでの彼の実績は顕著で、特に2023年のWorld Series of Poker(WSOP)で目立った成果を上げています。その中で、$5,000 No Limit Hold'emイベント(Bracelet Event 94)で3位に入賞し、$305,474の賞金を獲得しました。また、同年の$10,000 Limit Hold'em Championship(Bracelet Event 22)でも3位になり、$144,069を獲得しています​​。

Shimizuさんは2023年のWorld Series of Poker(WSOP)で日本人プレイヤーの中で最初にファイナルテーブルに進出し、シリーズ終了間際のイベント#94で再び3位に入賞しました。これにより、彼はWSOPでの日本人プレイヤーの最初と最後のファイナルテーブル進出者となりました​​。

プロフィール詳細

岡村 元義 - Motoyoshi Okamura

WSOP.com Motoyoshi Okamura

Motoyoshi Okamura(岡村 元義)さんは、日本のプロポーカープレイヤーで、ワールドシリーズオブポーカー(WSOP)のブレスレット優勝者です。

彼は2021年に開催されたWSOPのイベントである$1,500 Mixed No-Limit Hold'em/Pot-Limit Omahaで、見事にRafael Motaをヘッズアップで破り、優勝を果たしました。この勝利により、賞金として$209,716を獲得しました。

岡村さんは、コロナ禍が始まった2020年からポーカーに熱中し、独学で毎日約8時間ポーカーを学習しました。その後、プレイヤーネーム「ふぁるこん」としてポーカーゲームに参戦し、初参戦ながらWSOPで優勝を達成した実績を持ちます。

彼はその後もWSOPなどの大会に参加し、2023年にも複数のイベントで賞金を獲得しています。このような成績は、彼がポーカーにおいて高い技術と戦略を持ち合わせていることを示しています。

プロフィール詳細

小倉 孝 - Takashi Ogura

Takashi Ogura

出典:WSOP.com

Takashi Ogura(小倉 孝)さんは、日本のプロポーカープレイヤーとして国際的な大会で活躍していると同時に、プロ雀士としても知られています。彼のポーカーと麻雀のキャリアは、多才なゲームスキルと深い戦略的思考を示しています。

ポーカーにおいては、2012年に行われたWSOP(World Series of Poker)$10,000メインイベントで日本人最高位の64位に入賞し、2018年にはAPPTマカオで優勝し、日本人の賞金ランキング2位に躍り出ました​​。これらの成績は、彼のポーカーにおける実力と競争力の高さを示しています。

プロフィール詳細

四鹿 和彦 - Kazuhiko Yotsushika

出典: Poker News. Photo: Melissa Haereiti Melissa. Haereiti/www,photoarchive.com

Kazuhiko Yotsushika(四鹿 和彦)さんは、東京出身の著名なポーカープレイヤーで、そのポーカーキャリアにおいては、ライブイベントだけで1,682,654.00米ドル以上を稼いでいます。これはキャッシュゲームを含まない金額です。彼の最も大きな成功は、一つのライブトーナメントで431,092.00米ドル以上を獲得したことです。これにより、彼は日本で第2位、全世界でのキャッシュランキングで1,140位に位置しています​​。

また、彼は2018年のEPTバルセロナで25000EURのハイローラーイベントに参加し、その大会で優勝しました。この優勝により、彼は3500万円近い賞金を獲得しています。彼はまた、2019年には日本人ランキング2位に急浮上し、その実力を示しました。元々はバックギャモンのプレイヤーとして活動していましたが、ポーカーの世界でもその頭脳派のプレイスタイルで注目を集めています​​。

プロフィール詳細

當眞 嗣成 - Tsugunari Toma

出典:つぐ兄オフィシャルより

Tsugunari Toma(當眞 嗣成)さんは、1982年8月25日生まれの日本のプロポーカープレイヤーで、実業家としても活躍しています。彼は大阪市出身で、2001年に金光八尾高等学校を卒業し、2005年に大阪経済大学経済学部を卒業しました。

その後、みずほ銀行に入行し、2009年には大阪経済大学経営情報研究科を修了しました。同年には株式会社トウマトータルビジネスを設立しました​​。

當眞さんは、2010年からポーカープロとして活動を開始し、これまでに5回の優勝を達成しています。これは日本人最多の記録です。彼の獲得賞金は日本人最大の2億5000万円を超える実績を持っています。特に印象的なのは、2019年12月のEPTプラハ大会で6,500万円の賞金を獲得し、その1週間で合計9,500万円を獲得したことです​​​​。

プロフィール詳細

トッププレイヤー|強さの秘訣

これらのプレイヤーたちは、それぞれに異なるバックグラウンドとスタイルを持ち、大会に華を添えています。また、彼らの過去の成績は、今大会での活躍を期待させるものであり、その戦略とプレイスタイルは他の参加者にとっても大いに参考になることでしょう。

トップの選手たちは、ただ単にテクニックが優れているだけでなく、戦略的思考と精神的な強さを兼ね備えています。

ポーカーは確かに運の要素が強いゲームですが、長期的な成功は戦略的な思考、状況判断能力、そして相手の心理を読む能力に依存しています。これらのトッププレイヤーたちは、これらのスキルを磨き上げることで、一貫して高い成績を収めてきました。

著名な参加者も続々、参戦

名人戦では、これらのトッププレイヤー以外にも、国内外から多数の有力プレイヤーが参加しています。彼らもまた、独自のスタイルと技術を持ち、大会のレベルを高めています。これらのプレイヤーたちのプロフィールと過去の成績にも目を向けることで、大会の全体像がより鮮明になります。

2023年 第5期 テキサスホールデムポーカー名人戦【完全ガイド】

大会のフォーマットとルール

大会のフォーマットとルール

2023年のテキサスホールデムポーカー名人戦は、戦略、技術、感性を鍛えるマインドスポーツの象徴として、日本でもその人気を不動のものにしています。この大会は、多様なイベントで構成されており、それぞれが独自のルールとフォーマットを持っています。

ルール

この大会では、ノーリミットテキサスホールデムが採用されています。これは、プレイヤーが任意の時点で全てのチップを賭けることができるルールです。また、BBアンティ制が採用され、TDA2022ルールに準拠しています。

持ち点

各イベントにおいて、プレイヤーは特定のポイントを持ち点としてスタートします。例えば、名人戦本戦では50,000点、今年壱イベントでは40,000点が持ち点となっています。

エントリー規定

いくつかのイベントではリエントリー(再参加)が可能です。これにより、プレイヤーは特定の条件下で大会に再度参加することができます。

会場

大会の全日程は、東京都渋谷区にある代官山イベントスペース"CARATO71"で開催されます。

賞品と称号

上位入賞者には、特製のトロフィ、タイトル掛け軸、そして2024年の海外ポーカー大会への出場権利と渡航補助が与えられます。例えば、名人戦本戦の優勝者には175万円相当の渡航補助とタイトルが授与されます。また、鳳凰イベントの優勝者には180万円相当の渡航補助と来年度の名人戦本戦出場権利が与えられます。

これらのルールとフォーマットは、テキサスホールデムポーカーのスリルと戦略性を最大限に引き出すために設計されており、参加者にとっては最高の挑戦となるでしょう。大会は、プレイヤーの技術だけでなく、心理戦と持久力も試される場となっています​​​​​​​​​​​​​​。

なお、大会の最新情報は公式X(twitter)でも詳しく知ることができます。

全タイトルを完全解説!

全タイトルを完全解説!

テキサスホールデム名人戦2023年のイベントは、日本で非常に人気のあるポーカーのトーナメントで、複数のタイトルが競われます。この大会は、戦略、技術、そして感性を磨くことを目的とし、参加者はその腕前を試す絶好の機会を得られます。

名人戦本戦

名人戦

テキサスホールデムポーカー名人戦公式サイトより

2023年のテキサスホールデムポーカー名人戦の「名人戦本戦」は、世界ランキングのThe Hendon MobのJapan All Time Money Listで100位以内のプレイヤーやポーカーの普及に貢献した著名人などが参加する高いレベルのイベントです。開催日は2023年12月29日と30日で、東京都渋谷区の代官山イベントスペース"CARATO71"で行われます。この大会はノーリミットテキサスホールデムで、50,000点のスタートチップとTDA2022のルールに基づいています。詳細はイベントページをご覧ください。

名人戦「本戦」の概要

開始日時
  • Day1: 2023年12月29日(金) 12:00開始
  • Day2: 2023年12月30日(土) 11:00開始

実況ライブ配信も行われます。

エントリー締め切り【The Hendon Mob】 Japan All Time Money List 100位以内の方(2023年11月30日段階のランク採用)上記に加えて「協賛社枠」「特別ゲスト」「昨年と今年のタイトル戦上位者※」も参加可能
参加費イベントに参加するためには【The Hendon Mob】 Japan All Time Money List 100位以内の資格が必要
ルール
  • ノーリミットテキサスホールデム
  • BBアンティ制
  • TDA2022に準拠
  • 再エントリーは不可
持ち点50,000点
入賞者へのスポンサード内容
  • 1位:第五代名人位タイトル獲得、特製トロフィとタイトル掛け軸、2024年海外ポーカー大会への出場権利/渡航補助等(175万円相当)、第6期名人戦のファイナルテーブルにタイトルホルダーとして無料招待(アベレージスタックにて)
  • 2位:2024年海外ポーカー大会への出場権利/渡航補助等(50万円相当)
  • 3位:2024年海外ポーカー大会への出場権利/渡航補助等(40万円相当)
  • 4位:2024年海外ポーカー大会への出場権利/渡航補助等(30万円相当)
  • 5位:2024年海外ポーカー大会への出場権利/渡航補助等(20万円相当)
  • 6位:2024年海外ポーカー大会への出場権利/渡航補助等(10万円相当)
  • 7位:2024年海外ポーカー大会への出場権利/渡航補助等(5万円相当)

詳細はこちらでご確認いただけます。

▷名人戦「本戦」詳細はこちら

麒麟児戦

麒麟児戦

テキサスホールデムポーカー名人戦公式サイトより

「麒麟児戦」は、2023年12月23日から28日にかけて開催されるテキサスホールデムポーカーのトーナメントです。このイベントは、近年の国内外のタイトル覇者が集まる競争の激しいトーナメントで、参加資格は直近3年間に50以上のエントリーがあるライブポーカートーナメントで優勝したことが条件です。ゲーム形式はノーリミットテキサスホールデムで、開始時の持ち点は50,000点。Day2以降は55分のロングストラクチャーで進行されます。詳細はイベントページをご覧ください。

名人戦「麒麟児戦」の概要

開始日時
  • Day1A: 2023年12月23日(土) 11:00開始
  • Day1B: 2023年12月24日(日) 11:00開始
  • Day1C: 2023年12月25日(月) 11:00開始
  • Day1D: 2023年12月26日(火) 11:00開始
  • Day2: 2023年12月27日(水) 11:00開始
  • Day3: 2023年12月28日(木) 13:00開始

すべての日程が代官山イベントスペース"CARATO71"で開催されます。最終受付時刻はDay1A-Dの各日ともにLEVEL13開始前までエントリー可能です。

エントリー締め切りDay1A-D 19:40頃までエントリー可能
参加費25,000円/エントリー、各イベント受付時に、別途2ドリンクチケット/1000円の購入が必要
ルール
  • Day2はLEVEL26終了または残り18人で終了
  • 残り人数が3人になった時点でブラインドが30分になります。
  • ノーリミットテキサスホールデム
  • BBアンティ制
  • TDA2022に準拠
  • リエントリーは、Day1 A〜Dの各日毎に1度ずつ可能
持ち点50,000点
参加資格
  • 直近3年(2021年1月1日~2023年12月22日)期間において、総エントリー50以上の海外・国内のライブポーカートーナメント大会で《優勝タイトル》を獲得された方。
  • 特定条件を満たすタイトル戦のみが対象で、高頻度で開催されているタイトル戦やサテライトトーナメント、チーム戦やタッグ戦は対象外となります。
  • 参加者は条件を確認してから事前予約を行う必要があります。
入賞者へのスポンサード内容
  • 1位:第四代麒麟児戦タイトル獲得、特製トロフィとタイトル掛け軸、今年度『名人戦本戦』出場権利(2023/12/29開催)、2024年海外ポーカー大会への出場権利/渡航補助等(200万円相当)
  • 2位:今年度『名人戦本戦』出場権利(2023/12/29開催)2024年海外ポーカー大会への出場権利/渡航補助等(100万円相当)
  • 3位:今年度『名人戦本戦』出場権利(2023/12/29開催)2024年海外ポーカー大会への出場権利/渡航補助等(70万円相当)
  • 4位:2024年海外ポーカー大会への出場権利/渡航補助等(50万円相当)
  • 5位:2024年海外ポーカー大会への出場権利/渡航補助等(40万円相当)
  • 6位〜20位までの入賞者も出場権利と渡航補助等が提供されます。

詳細はこちらでご確認いただけます。

▷名人戦タイトル「麒麟児戦」詳細はこちら

天馬

天馬

テキサスホールデムポーカー名人戦公式サイトより

「名人戦:天馬」は、2023年12月24日から26日にかけて開催されるテキサスホールデムポーカートーナメントです。このイベントは東京・代官山のCARATO71で行われ、ノーリミットテキサスホールデム形式で、50,000点のスタートチップとTDA2022ルールに準拠します。参加費は15,000円で、エントリーはDay1のLEVEL9開始前まで可能です。優勝者には「第三代天馬位」のタイトル、特製トロフィ、掛け軸、2023年「名人戦本戦」出場権、そして2024年海外ポーカー大会への出場権利と渡航補助が与えられます。詳細はイベントページでご覧いただけます。

名人戦「天馬」の概要

開始日時
  • Day1A: 2022年12月24日(日) 12:00開始
  • Day1B: 2022年12月24日(日) 17:00開始
  • Day1C: 2022年12月25日(月) 17:00開始
  • Day2: 2022年12月26日(火) 16:00開始

すべての日程が[東京代官山:CARATO71]で開催されます。最終受付時刻はDay1Aの場合、16:20頃 LEVEL9 開始前まで参加エントリー可能で、Day1BおよびDay1Cの場合、21:20頃 LEVEL9 開始前まで参加エントリー可能です。

エントリー締め切り
  • Day1A: LEVEL9 開始前まで
  • Day1B,C: LEVEL9 開始前まで
参加費15,000円/エントリー、各イベント受付時に、別途2ドリンクチケット/1000円の購入が必要
ルール
  • ノーリミットテキサスホールデム
  • TDA2022に準拠
  • unlimited entry(リエントリー可能)
持ち点50,000点
参加資格特定のエントリータイトル獲得者や上位入賞者、特定のポーカートーナメントでの成績を持つプレイヤーが参加資格を持つ。
入賞者へのスポンサード内容
  • 1位:第三代天馬位タイトル獲得、特製トロフィとタイトル掛け軸、今年度『名人戦本戦』出場権利(2023/12/29開催)、2024年海外ポーカー大会への出場権利/渡航補助等(75万円相当)
  • 2位:2024年海外ポーカー大会への出場権利/渡航補助等(30万円相当)
  • 3位:2024年海外ポーカー大会への出場権利/渡航補助等(15万円相当)
  • 4位:2024年海外ポーカー大会への出場権利/渡航補助等(10万円相当)
  • 5位:2024年海外ポーカー大会への出場権利/渡航補助等(5万円相当)

名人戦出場資格保有者が1位入賞された場合、「本戦出場権利」のみ次点者繰り上げとなります。

詳細はこちらでご確認いただけます。

▷名人戦タイトル「天馬」詳細はこちら

朱雀

朱雀

テキサスホールデムポーカー名人戦公式サイトより

2023年のテキサスホールデムポーカー名人戦の一つ、「名人戦:朱雀」は、12月27日に東京・代官山のCARATO71で開催されます。このノーリミットテキサスホールデムトーナメントは、25,000点のスタートチップを持ち、TDA2022ルールに準拠しています。参加費は25,000円で、エントリーはDay1のLEVEL9開始前まで可能です。優勝者には「第五代朱雀位」のタイトル、特製トロフィ、掛け軸、2024年の海外ポーカー大会への出場権利と渡航補助が授与されます。詳細はイベントページをご覧ください。

名人戦「朱雀」の概要

開始日時2023年12月27日(水) 15:00 開始 最終受付時刻は19:20頃
エントリー締め切りLEVEL9開始前まで参加エントリー可能
参加費25,000円/エントリー、各イベント受付時に、別途2ドリンクチケット/1000円の購入が必要
ルール
  • ノーリミットテキサスホールデム
  • BBアンティ制
  • TDA2022に準拠
  • unlimited entry(リエントリー可能)
持ち点25,000点
入賞者へのスポンサード内容
  • 1位:第五代朱雀位タイトル獲得、特製トロフィとタイトル掛け軸、2024年海外ポーカー大会への出場権利/渡航補助等(80万円相当)、今年度『名人戦本戦』出場権利(2023/12/29開催)
  • 2位:2024年海外ポーカー大会への出場権利/渡航補助等(30万円相当)
  • 3位:2024年海外ポーカー大会への出場権利/渡航補助等(15万円相当)
  • 4位:2024年海外ポーカー大会への出場権利/渡航補助等(10万円相当)
  • 5位:2024年海外ポーカー大会への出場権利/渡航補助等(5万円相当)

名人戦出場資格保有者が1位入賞された場合、「本戦出場権利」のみ次点者繰り上げとなります。

詳細はこちらでご確認いただけます。

▷名人戦タイトル「朱雀」詳細はこちら

通暁

通暁

テキサスホールデムポーカー名人戦公式サイトより

「名人戦:通暁」は、2023年12月23日に東京・代官山のCARATO71で開催されるテキサスホールデムポーカートーナメントです。参加費は20,000円で、20,000点のスタートチップとTDA2022ルールに準拠しています。優勝者には「第二代通暁位」のタイトルと特製トロフィ、掛け軸、2024年の海外ポーカー大会への出場権利と渡航補助が授与されます。詳細はイベントページをご覧ください。

名人戦「通暁」の概要

開始日時2023年12月23日(土) 23:30 開始
エントリー締め切り最終受付時刻は12月24日(日) 2:00頃 LEVEL8開始前まで参加エントリー可能
参加費20,000円/エントリー、各イベント受付時に、別途2ドリンクチケット/1000円の購入が必要
ルール
  • ノーリミットテキサスホールデム
  • BBアンティ制
  • TDA2022に準拠
  • unlimited entry(リエントリー可能)
持ち点20,000点
入賞者へのスポンサード内容
  • 1位:第二代通暁位タイトル獲得、特製トロフィとタイトル掛け軸、2024年海外ポーカー大会への出場権利/渡航補助等(70万円相当)、今年度『名人戦本戦』出場権利(2022/12/29開催)
  • 2位:2024年海外ポーカー大会への出場権利/渡航補助等(25万円相当)
  • 3位:2024年海外ポーカー大会への出場権利/渡航補助等(15万円相当)
  • 4位:2024年海外ポーカー大会への出場権利/渡航補助等(10万円相当)
  • 5位:2024年海外ポーカー大会への出場権利/渡航補助等(5万円相当)

名人戦出場資格保有者が1位入賞された場合、「本戦出場権利」のみ次点者繰り上げとなります。

詳細はこちらでご確認いただけます。

▷名人戦タイトル「通暁」詳細はこちら

白虎

白虎

テキサスホールデムポーカー名人戦公式サイトより

「名人戦:白虎」は、2023年12月28日に東京・代官山のCARATO71で開催されるテキサスホールデムポーカートーナメントです。参加費は35,000円で、30,000点のスタートチップを使用し、TDA2022ルールに準拠しています。優勝者には「第五代白虎位」のタイトル、特製トロフィ、掛け軸、2024年の海外ポーカー大会への出場権利と渡航補助が授与されます。詳細はイベントページをご覧ください。

名人戦「白虎」の概要

開始日時2023年12月28日(木) 11:00 開始
エントリー締め切り最終受付時刻は16:30頃 LEVEL11開始前まで参加エントリー可能
参加費35,000円/エントリー、各イベント受付時に、別途2ドリンクチケット/1000円の購入が必要
ルール
  • ノーリミットテキサスホールデム
  • BBアンティ制
  • TDA2022に準拠
  • unlimited entry(リエントリー可能)
持ち点30,000点
入賞者へのスポンサード内容
  • 1位:第五代白虎位タイトル獲得、特製トロフィとタイトル掛け軸、2024年海外ポーカー大会への出場権利/渡航補助等(100万円相当)、今年度『名人戦本戦』出場権利(2023/12/29開催)
  • 2位:2024年海外ポーカー大会への出場権利/渡航補助等(50万円相当)
  • 3位:2024年海外ポーカー大会への出場権利/渡航補助等(20万円相当)
  • 4位:2024年海外ポーカー大会への出場権利/渡航補助等(10万円相当)
  • 5位:2024年海外ポーカー大会への出場権利/渡航補助等(5万円相当)

名人戦出場資格保有者が1位入賞された場合、「本戦出場権利」のみ次点者繰り上げとなります。

詳細はこちらでご確認いただけます。

▷名人戦タイトル「白虎」詳細はこちら

応龍

応龍

テキサスホールデムポーカー名人戦公式サイトより

「名人戦:応龍」は、2023年12月26日に東京の代官山イベントスペース”CARATO71″で開催されるテキサスホールデムポーカーの大会の一つです。参加費は28,000円で、別途2ドリンクチケット(1000円)が必要です。ルールはポットリミットオマハで、TDA2022に準拠し、無制限エントリーが可能です。参加者は30,000点の持ち点を持ちます。上位入賞者には、海外ポーカー大会への出場権と渡航補助が提供されます。詳細はこちらでご確認いただけます。

名人戦「応龍」の概要

開始日時2023年12月26日(火) 13:00 開始
エントリー締め切り最終受付時刻は17:20頃 LEVEL9開始前まで参加エントリー可能
参加費28,000円/エントリー、各イベント受付時に、別途2ドリンクチケット/1000円の購入が必要
ルール
  • ポットリミットオマハ
  • TDA2022に準拠
  • unlimited entry(リエントリー可能)
持ち点30,000点
入賞者へのスポンサード内容
  • 1位:第三代応龍位タイトル獲得、特製トロフィとタイトル掛け軸、2024年海外ポーカー大会への出場権利/渡航補助等(80万円相当)、今年度『名人戦本戦』出場権利(2023/12/30開催)
  • 2位:2024年海外ポーカー大会への出場権利/渡航補助等(30万円相当)
  • 3位:2024年海外ポーカー大会への出場権利/渡航補助等(20万円相当)
  • 4位:2024年海外ポーカー大会への出場権利/渡航補助等(10万円相当)
  • 5位:2024年海外ポーカー大会への出場権利/渡航補助等(5万円相当)

名人戦出場資格保有者が1位入賞された場合、「本戦出場権利」のみ次点者繰り上げとなります。

詳細はこちらでご確認いただけます。

▷名人戦タイトル「応龍」詳細はこちら

千里

千里

テキサスホールデムポーカー名人戦公式サイトより

「名人戦:千里」は、2023年12月28日に東京の代官山イベントスペース”CARATO71″で開催されるポーカー大会です。参加費は28,000円で、別途2ドリンクチケット(1000円)の購入が必要です。ルールはLimit Hold’em、Limit Omaha Hi-Lo 8 or better、Razz、Seven Card Stud、Seven Card Stud Hi-Lo 8 or betterで、8ハンド毎にゲームが変わります。TDA2022に準拠し、無制限エントリーが可能です。参加者は50,000点の持ち点を持ちます。上位入賞者には、海外ポーカー大会への出場権と渡航補助が提供されます。詳細はこちらでご確認いただけます。

名人戦「千里」の概要

開始日時2023年12月28日(木) 14:00 開始
エントリー締め切り最終受付時刻は17:10頃 LEVEL7開始前まで参加エントリー可能
参加費28,000円/エントリー、各イベント受付時に、別途2ドリンクチケット/1000円の購入が必要
ルール
  • ゲームは8ハンド毎に変わります。
  • ルールは以下のゲームでプレイされます:
  • Limit Hold’em
  • Limit Omaha Hi-Lo 8 or better
  • Razz
  • Seven Card Stud
  • Seven Card Stud Hi-Lo 8 or better
  • TDA2022に準拠
  • unlimited entry(リエントリー可能)
持ち点50,000点
入賞者へのスポンサード内容
  • 1位:初代千里位タイトル獲得、特製トロフィとタイトル掛け軸、2024年海外ポーカー大会への出場権利/渡航補助等(50万円相当)、今年度『名人戦本戦』出場権利(2023/12/29開催)
  • 2位:2024年海外ポーカー大会への出場権利/渡航補助等(20万円相当)
  • 3位:2024年海外ポーカー大会への出場権利/渡航補助等(10万円相当)
  • 4位:2024年海外ポーカー大会への出場権利/渡航補助等(5万円相当)

名人戦出場資格保有者が1位入賞された場合、「本戦出場権利」のみ次点者繰り上げとなります。

詳細はこちらでご確認いただけます。

▷名人戦タイトル「千里」詳細はこちら

双穹

双穹

テキサスホールデムポーカー名人戦公式サイトより

「名人戦:双穹」は、2023年12月23日に代官山イベントスペース”CARATO71″で開催されるタッグチーム形式のポーカー大会です。2名1組で参加し、参加費は28,000円(プラス2ドリンクチケット1000円)です。ルールはノーリミットテキサスホールデムで、BBアンティ制、TDA2022に準拠しています。持ち点は40,000点。上位入賞者には海外ポーカー大会への出場権と渡航補助が授与されます。詳細はこちらでご確認いただけます。

名人戦「双穹」の概要

開始日時2023年12月23日(土)17:30 開始
エントリー締め切り最終受付時刻は23:30頃 LEVEL13開始前まで参加エントリー可能
参加費28,000円/エントリー、イベント受付時に、別途2ドリンクチケット/1000円の購入が必要
参加資格2名1組のタッグチームにて出場
ルール
  • タッグチーム戦で、2名1組でのプレイです。
  • 同時に複数のチームに参加することはできません。
  • リエントリーの際はチームを組み替えることが可能です。
  • チームでのハンドの共有は自由に行うことができます。
  • 残り3テーブル18チームから、ストリート毎に2名が交互にアクションを行う交代制となります。
  • 残り3テーブル18チームになった後は、チーム内でのハンド共有や相談をすることはできません。
  • ルールはノーリミットテキサスホールデム、BBアンティ制、TDA2022に準拠、unlimited entry(リエントリー可能)
持ち点40,000点
入賞者へのスポンサード内容
  • 1位:初代双穹位タイトル獲得、特製トロフィとタイトル掛け軸(2名様分)、2024年海外ポーカー大会への出場権利/渡航補助等(120万円相当)、今年度『名人戦本戦』出場権利(2023年12月29日開催) ※優勝チーム両名
  • 2位:2024年海外ポーカー大会への出場権利/渡航補助等(60万円相当)
  • 3位:2024年海外ポーカー大会への出場権利/渡航補助等(30万円相当)
  • 4位:2024年海外ポーカー大会への出場権利/渡航補助等(20万円相当)
  • 5位:2024年海外ポーカー大会への出場権利/渡航補助等(10万円相当)
  • 6位:2024年海外ポーカー大会への出場権利/渡航補助等(8万円相当)
  • 7位:2024年海外ポーカー大会への出場権利/渡航補助等(6万円相当)
  • 8~9位:2024年海外ポーカー大会への出場権利/渡航補助等(4万円相当)

名人戦出場資格保有者が1位入賞された場合でも、「本戦出場権利」は次点繰り上げとはなりませんのでご注意ください。スポンサードは、入賞チーム2名様へ授与される合計内容となります。

詳細はこちらでご確認いただけます。

▷名人戦タイトル「双穹」詳細はこちら

今年壱

今年壱

テキサスホールデムポーカー名人戦公式サイトより

「名人戦:今年壱」は、2023年12月27日と28日に代官山イベントスペース”CARATO71″で開催されるポーカー大会です。参加資格はGlobal Poker Index/Player of the Year 2023日本人上位300位以内のプレイヤー。参加費は30,000円(プラス2ドリンクチケット1000円)。ルールはノーリミットテキサスホールデムで、BBアンティ制、TDA2022に準拠し、無制限エントリーが可能。持ち点は40,000点。上位入賞者には海外ポーカー大会への出場権と渡航補助が提供されます。詳細はこちらでご確認いただけます。

名人戦「今年壱」の概要

開始日時
  • Day1: 2023年12月27日(水)12:00 開始
  • Day2: 2023年12月28日(木)12:00 開始
エントリー締め切りDay1の最終受付時刻は18:30頃 LEVEL10開始前まで参加エントリー可能
参加費30,000円/エントリー、イベント受付時に、別途2ドリンクチケット/1000円の購入が必要
参加資格Global Poker Index/Player of the Year 2023日本人上位300位以内
POY2023日本ランキングTOP300(2023年11月30日時点)
日本在住で海外国籍の場合、2023POYポイントが11月30日時点で日本ランキング300位のポイント(179.67ポイント)を上回っていれば参加可能
ルール
  • ノーリミットテキサスホールデム
  • BBアンティ制
  • TDA2022に準拠
  • unlimited entry(リエントリー可能)
持ち点40,000点
入賞者へのスポンサード内容
  • 1位:初代今年壱位タイトル獲得、特製トロフィとタイトル掛け軸、2024年海外ポーカー大会への出場権利/渡航補助等(100万円相当)、今年度『名人戦本戦』出場権利(2023/12/29開催)
  • 2位:2024年海外ポーカー大会への出場権利/渡航補助等(50万円相当)
  • 3位:2024年海外ポーカー大会への出場権利/渡航補助等(25万円相当)
  • 4位:2024年海外ポーカー大会への出場権利/渡航補助等(10万円相当)
  • 5位:2024年海外ポーカー大会への出場権利/渡航補助等(5万円相当)

名人戦出場資格保有者が1位入賞された場合、「本戦出場権利」のみ次点者繰り上げとなります。

詳細はこちらでご確認いただけます。

▷名人戦タイトル「今年壱」詳細はこちら

新星

新星

テキサスホールデムポーカー名人戦公式サイトより

「名人戦:新星」は、2023年12月25日に代官山イベントスペース”CARATO71″で開催されるポーカー大会で、ポーカー歴3年以内のプレイヤーが対象です。参加費は25,000円(プラス2ドリンクチケット1000円)。ルールはノーリミットテキサスホールデム、BBアンティ制、TDA2022に準拠し、無制限エントリーが可能。持ち点は25,000点。上位入賞者には海外ポーカー大会への出場権と渡航補助が提供されます。詳細はこちらでご確認いただけます。

名人戦「新星」の概要

開始日時2023年12月25日(月)12:00 開始
エントリー締め切り最終受付時刻は16:20頃 LEVEL9開始前まで参加エントリー可能
参加費25,000円/エントリー、イベント受付時に、別途2ドリンクチケット/1000円の購入が必要
参加資格ポーカー歴3年以内(2021年1月以降に始めた方)、予約が必要で大会公式サイトの「Googleフォーム」から申し込むことができます。
ルール
  • ノーリミットテキサスホールデム
  • BBアンティ制
  • TDA2022に準拠
  • unlimited entry(リエントリー可能)
持ち点25,000点
入賞者へのスポンサード内容
  • 1位:初代新星位タイトル獲得、特製トロフィとタイトル掛け軸、2024年海外ポーカー大会への出場権利/渡航補助等(88万円相当)、今年度『名人戦本戦』出場権利(2023/12/30開催)
  • 2位:2024年海外ポーカー大会への出場権利/渡航補助等(40万円相当)
  • 3位:2024年海外ポーカー大会への出場権利/渡航補助等(25万円相当)
  • 4位:2024年海外ポーカー大会への出場権利/渡航補助等(15万円相当)
  • 5位:2024年海外ポーカー大会への出場権利/渡航補助等(10万円相当)
  • 6位:2024年海外ポーカー大会への出場権利/渡航補助等(7万円相当)
  • 7位~8位:2024年海外ポーカー大会への出場権利/渡航補助等(5万円相当)
  • 9位:2024年海外ポーカー大会への出場権利/渡航補助等(3万円相当)

名人戦出場資格保有者が1位入賞された場合、「本戦出場権利」のみ次点者繰り上げとなります。

詳細はこちらでご確認いただけます。

▷名人戦タイトル「新星」詳細はこちら

鳳凰

鳳凰

テキサスホールデムポーカー名人戦公式サイトより

「名人戦:鳳凰」は、2023年12月29日と30日に代官山イベントスペース”CARATO71″で開催されます。参加費は70,000円(プラス2ドリンクチケット1000円)。ルールはノーリミットテキサスホールデム、BBアンティ制、TDA2022に準拠し、無制限エントリーが可能です。持ち点は200,000点。上位入賞者には海外ポーカー大会への出場権と渡航補助が提供されます。詳細はこちらでご確認いただけます。

名人戦「鳳凰」の概要

開始日時
  • Day1: 2023年12月29日(金)13:30 開始
  • Day2: 2023年12月30日(土)11:00 開始
エントリー締め切り最終受付時刻(Day1)は20:45頃 LEVEL10開始前まで参加エントリー可能
参加費70,000円/エントリー、イベント受付時に、別途2ドリンクチケット/1000円の購入が必要
ルール
  • ノーリミットテキサスホールデム
  • BBアンティ制
  • TDA2022に準拠
  • unlimited entry(リエントリー可能)
持ち点200,000点
入賞者へのスポンサード内容
  • 1位:第四代鳳凰位獲得、特製トロフィとタイトル掛け軸2024年度海外ポーカー大会への出場権利/渡航補助等(180万円相当)、来年度『名人戦本戦』出場権利(2024年末開催)
  • 2位:2024年度海外ポーカー大会への出場権利/渡航補助等(80万円相当)
  • 3位:2024年度海外ポーカー大会への出場権利/渡航補助等(40万円相当)
  • 4位:2024年度海外ポーカー大会への出場権利/渡航補助等(30万円相当)
  • 5位:2024年度海外ポーカー大会への出場権利/渡航補助等(20万円相当)
  • 6位:2024年度海外ポーカー大会への出場権利/渡航補助等(10万円相当)

名人戦出場資格保有者が1位入賞された場合、「本戦出場権利」のみ次点者繰り上げとなります。

詳細はこちらでご確認いただけます。

▷名人戦タイトル「鳳凰」詳細はこちら

六道

六道

テキサスホールデムポーカー名人戦公式サイトより

「名人戦:六道」は、2023年12月30日に代官山イベントスペース”CARATO71″で開催されるポーカー大会です。参加費は36,000円(プラス2ドリンクチケット1000円)。ルールはノーリミットテキサスホールデム(6MAX)、BBアンティ制、TDA2022に準拠し、無制限エントリーが可能。持ち点は30,000点。上位入賞者には海外ポーカー大会への出場権と渡航補助が提供されます。

名人戦「六道」の概要

開始日時2023年12月30日(土) 12:00 開始 最終受付時刻は16:20頃まで
エントリー締め切りLEVEL9開始前まで参加エントリー可能
参加費36,000円/エントリー
別途2ドリンクチケット/1000円の購入が必要
ルール
  • ファイナルテーブル(FT)は7名で行われる
  • ノーリミットテキサスホールデム(6MAX)
  • BBアンティ制
  • TDA2022に準拠
  • 無制限エントリーが許可されている
持ち点
  • 30,000点
入賞者へのスポンサード内容
  • 1位: 第三代六道位獲得、特製トロフィとタイトル掛け軸、2024年海外ポーカー大会への出場権利/渡航補助等(108万円相当)、来年度『名人戦本戦』出場権利(2024年末開催)
  • 2位: 2024年海外ポーカー大会への出場権利/渡航補助等(48万円相当)
  • 3位:2024年海外ポーカー大会への出場権利/渡航補助等(24万円相当)
  • 4位:2024年海外ポーカー大会への出場権利/渡航補助等(12万円相当)
  • 5位:2024年海外ポーカー大会への出場権利/渡航補助等(6万円相当)※ 1位入賞者が名人戦出場資格保有者の場合、次点者が本戦出場権利を獲得します。
    会場は東京都渋谷区鉢山町13-7にある代官山イベントスペース”CARATO71″で開催されます。スポンサード内容についてはリンクを参照してください

詳細はこちらでご確認いただけます。

▷名人戦タイトル「六道」詳細はこちら

決勝戦の詳細分析

決勝戦の詳細分析

2023年のテキサスホールデムポーカー名人戦は、日本国内で最も権威のあるポーカーイベントの一つとして注目されていますが、特に「決勝戦」は大会のハイライトであり、参加選手の能力とポーカーへの熱意が最大限に発揮される場となっています。ここでは日本国内のトップポーカープレイヤーたちが集い、高度な戦略と緻密な技術を駆使して競い合いあう、本大会最大の見どころとなっています。

開催日程

2023年12月29日と30日にDay1とDay2が開催されます。

会場

代官山イベントスペース「CARATO71」

代官山イベントスペース「CARATO71」が会場として選ばれています​​。

〒150-0035 東京都渋谷区鉢山町13−7

参加資格

参加者は日本のオールタイムマネーリスト100位以内のプレイヤーや特定のタイトル戦の上位者など、一定の条件を満たす者に限られます​​。

決勝戦のフォーマット

ルール: ノーリミットテキサスホールデム、BBアンティ制、TDA2022に準拠し、リエントリー禁止となっています​​。

持ち点: 初期チップは50,000点と定められています​​。

プレイヤーの戦略と観戦ポイント

決勝戦では、参加者たちがそれぞれの戦略を駆使して戦います。チップリーダーのプレイスタイル、アグレッシブなプレイ、ディフェンシブなプレイ、ブラフのタイミングなど、様々な戦術が見られるでしょう。

ターニングポイントとなるのは、特に大きなポットが発生したハンドや、重要なプレイヤー同士の直接対決です。こうした場面では、プレイヤーの心理戦やリスク管理が重要になります。

決勝戦の結果は、次期大会の選手選考や、日本国内でのポーカーの普及にも影響を及ぼす可能性があります。この大会は、日本国内のポーカーシーンにおける重要なイベントであり、その結果は多くのポーカーファンにとって注目の的となるでしょう。参加者たちの熟練した技術と鋭い戦略が、決勝戦での熱戦を生み出すことが期待されます。

2023年 第5期 テキサスホールデムポーカー名人戦【完全ガイド】

観戦方法

観戦方法

テキサスホールデムポーカー名人戦の観戦方法ですが、会場のほか、オンライン、全国のサテライト店舗でも観戦できます。

実際の会場での観戦

名人戦は、代官山のイベントスペース「CARATO71」で開催されます。複数の日程で異なるタイトル戦が行われ、直近3年間の国内外の主要トーナメント優勝経験者が参加します​​。

実況ネット配信

第5期テキサスホールデムポーカー名人戦は、2023年12月28日から30日にかけて、3日間にわたりYouTube Live特設チャンネルで実況生配信されます。12月28日は「麒麟児戦」の最終日、12月29日と30日は名人戦本戦で、日本のトッププレイヤーや豪華ゲスト達が参加します。技術とプライドがぶつかり合い、タイトルを競う様子を生で視聴できます。詳細な放送スケジュールはYouTube Liveの実況配信ページで確認できます。

YouTube配信はこちら

サテライトトーナメント

第5期テキサスホールデムポーカー名人戦のサテライトトーナメントは、全国の指定アミューズメント店舗で開催されています。東京都内には以下の店舗があります:

BACKDOOR 六本木店

東京都港区六本木3-15-24, 電話: 03-6304-5500

店舗の詳細はこちら
BACKDOOR 吉祥寺店

東京都武蔵野市吉祥寺本町1丁目24-6 吉祥寺ライトビル5階, 電話: 0422-27-1430

店舗の詳細はこちら
BACKDOOR 銀座店

東京都中央区銀座8丁目3−12 Ginza 須賀ビル 2F, 電話: 03-5962-3607

店舗の詳細はこちら
m HOLD’EM 目黒店

東京都目黒区目黒1-3-15 リードシー目黒ウェストビル2F, 電話: 03-3779-4510

店舗の詳細はこちら
NEKOKAJI 新宿本店

東京都新宿区歌舞伎町1-22-9 Jゴールドビル6階, 電話: 03-6228-0366

店舗の詳細はこちら

各店舗の詳細なプライズやスケジュールは、公式ホームページや公式Xで確認できます。また、当サイトでも詳しく解説しているので、ぜひあわせてご覧ください。

全国アミューズメントポーカー&バー名鑑
全国アミューズメントポーカー&バー名鑑

日本全国のポーカー愛好家のために、最高のアミューズメントポーカー体験を提供します。このページでは、各地のアミューズメントポーカーバーの詳細情報を集め、皆さんが最適な場所を見つけるためのガイドとしていま ...

続きを見る

テキサスホールデムポーカー名人戦の重要性と影響

テキサスホールデムポーカー名人戦の重要性と影響

競技人口の増加

近年、日本におけるテキサスホールデムの競技人口は飛躍的に増加しており、この大会はそのトレンドを加速させる役割を果たしています​​。

国内トッププレイヤーの登竜門

名人戦は、日本国内ランキングや過去のタイトル戦の上位者など、一定の基準を満たしたプレイヤーのみが参加できるため、国内トッププレイヤーの登竜門となっています​​。

国際大会への橋渡し

大会の上位入賞者には、海外の大規模なポーカー大会への出場権や渡航補助が提供され、国際舞台での活躍を目指す選手にとって重要なステップとなっています​​。

将来の大会への展望

新たなタイトル戦の導入: 2023年度の名人戦では、新たなタイトル戦が設けられるなど、大会の多様化が図られています。これにより、さらに多くのプレイヤーに参加の機会が提供され、大会の魅力が増しています​​。

普及活動の強化

大会を通じて、テキサスホールデムのルールや戦略を広く伝える取り組みが強化されており、ポーカーの普及に寄与しています​​。技術の向上とコミュニティの発展: 大会に参加する選手たちの技術向上に加え、ファンや他のプレイヤーとの交流を通じて、日本のポーカーコミュニティ全体の発展に貢献しています。

まとめ

テキサスホールデムポーカー名人戦は、日本国内のポーカーコミュニティにおいて、プレイヤーの技術向上、普及活動の強化、そして新たな才能の発掘の場としての役割を担っています。新設されたタイトル戦や麒麟児戦の進化は、大会の多様性と魅力を一層高め、参加者や観客に新たな刺激を提供し続けています。

2023年のテキサスホールデムポーカー名人戦は、日本のポーカーシーンにおける重要なマイルストーンとなり、将来の大会に向けた期待を高める結果となることでしょう。その熱い戦いと、技術と心理戦が織りなすドラマは、参加者たちだけでなく、ポーカーを愛する多くの人々にとって忘れがたい経験となるのは間違いありません。

テキサスホールデムポーカー名人戦

一般社団法人マインドスポーツ連盟、大会の詳細は以下の公式サイトをチェックしてみてください。

2023年 第5期 テキサスホールデムポーカー名人戦【完全ガイド】

    error: Content is protected !!