広告

カジノと映画 - 『天使の入江』 La Baie des Anges 1963年 フランス

カジノの映画 - 『天使の入江』 La Baie des Anges 1963年 フランス

カジノの魅力と危険性、情熱と中毒、愛と絶望。これら全てが、1963年のフランス映画『天使の入江』(La Baie des Anges)に凝縮されています。ジャック・ドゥミ監督のこの作品は、ギャンブルの世界を舞台に、一人の男と女の複雑な関係を描いています。カジノ雑誌として、この映画をクローズアップする理由は明白です。

Chloé(ライフスタイル担当編集者)
映画は、カジノが人生に与える影響を深く掘り下げ、ギャンブルが人間の感情や行動にどのように影響を与えるかを見事に表現しています。主演のジャンヌ・モローは、その魅力的な演技でギャンブル中毒者の役を見事に演じ、映画を象徴的な作品に仕上げています。『天使の入江』は、カジノの世界における愛と破滅の物語を通じて、観客に深い印象を与えること間違いなしです。

見どころ

『天使の入江』(La Baie des Anges)は、1963年に公開されたフランスのロマンティックドラマ映画で、ジャック・ドゥミによって監督され、脚本も手がけられました。主演はジャンヌ・モローとクロード・マンで、映画はギャンブルをテーマにしています。ピエール・カルダンによる衣装デザインも特徴的です。この映画は、ドゥミ監督の二作目の作品であり、ニースのカジノを中心に展開する物語です。

参照:Le Projectionniste(YouTube)

This article's photo is sourced from the IMDb photo archive 'La Baie des anges'.

あらすじ

映画のあらすじは、パリの銀行員であるジャンが、同僚に誘われてカジノに行き、ルーレットで勝利を収めたことから始まります。彼は南フランスの海岸へ休暇に行く決心をし、ニースのカジノでジャッキーという魅力的な女性と出会います。ジャッキーはウイスキー好きの脆弱なブロンドで、夫と子供を捨ててギャンブルの快楽を追求していました。

ジャンは彼女に魅了され、二人は恋愛関係に陥りますが、ジャッキーはギャンブルへの熱中を捨てることができません。最終的に、ジャンはパリへ戻ることを決意し、ジャッキーも彼を追って、二人は日没の中で抱き合います。

天使の入江 ジャック・ドゥミ

La Baie des anges - IMDb

映画は、ジャンヌ・モローの演技によって特に評価されています。モローは、変化に富んだ表情と魅力的な物腰で、ジャッキーの役を見事に演じています。また、ミシェル・ルグランによる音楽スコアは、映画の雰囲気を豊かにしています。

『天使の入江』は、そのビジュアルと感情の深みにおいて、ドゥミの作品中でも特に暗くリアリスティックな作品とされています。映画の中で、カジノの世界は現実とは異なる、自分たちのルールや道徳を持つ場所として描かれています。ジャンとジャッキーの関係は、豪華さと貧困の極端の中で繰り返される、予測不可能な浮き沈みによって導かれます。

天使の入江 ジャック・ドゥミ

La Baie des anges

この映画は、フランスのヌーヴェル・ヴァーグの映画の一つとして、1960年代のフランス映画の新たな波を代表する作品です。ジャンヌ・モローとジャック・ドゥミのコラボレーションは、フランス映画界に新たな風をもたらしました。

さらに詳しい情報や映画の分析については、Wikipediaの『Bay of Angels』のページ​​、Criterion Collection​​、およびHarvard Film Archive​​の関連ページをご覧ください。これらのリソースでは、映画の背景、製作過程、影響など、さらに深く掘り下げた内容を提供しています。

監督:ジャック・ドゥミ

Jacques Demy(1931-1990)

Jacques Demy(1931-1990) IMDb

ジャック・ドゥミは、フランス映画の新しい波「ヌーヴェル・ヴァーグ」の一員で、彼の作品はしばしばロマンスと現実主義の交差点に位置しています。『天使の入江』では、ドゥミはギャンブルの魅力と危険性を、恋愛ドラマと結びつけることで、人間の情熱と弱さを鮮明に描いています。ドゥミの映画は、視覚的な美しさと感情的な深みで知られ、彼の作品の中でも特に暗くリアリスティックなものです。

主演:ジャンヌ・モロー

主演:ジャンヌ・モロー

La Baie des anges

ジャンヌ・モローは、フランス映画のアイコンであり、『天使の入江』では、魅力的なギャンブル中毒者ジャッキーを演じています。彼女の演技は、キャラクターの複雑さと魅力を巧みに表現しており、映画史に残る印象的な役どころとなっています。モローの演技は、映画の中で中心的な役割を果たし、彼女の存在感がこの作品を特別なものにしています。

映画に登場するカジノ

『天使の入江』に登場するカジノとして有名なのが、モナコのホテル・ド・パリ・モンテカルロです。1864年に開業した豪華なホテルで、その歴史と名声は非常に高いです。モナコの開発の一環として、ソシエテ・デ・バン・ド・メールによって建設されました。

https://jp.lhw.com/hotel/hotel-de-paris-monte-carlo-monte-carlo-monaco

Hôtel de Paris Monte-Carlo 公式サイトより

このベル・エポック宮殿風のホテルは、向かい側の新しく素晴らしいカジノ・ベル・エポックへ向かうギャンブラーを収容するために設計されました。ホテル・ド・パリはすぐに社交の中心地となり、王族、首相、さまざまな分野の著名人が訪れました。

その壮大さと威厳は、1878年にモンテカルロ・オペラと新しいゲームルームが追加されたことでさらに強化されました。その歴史を通じて、ホテルは重要なイベントや著名なゲストをホストし、モナコおよび世界の歴史の一部となりました。

カジノの描写

映画は主にニースのカジノを舞台にしており、カジノの世界が持つ独特の魅力と危険性を描いています。カジノは、夢と現実が交錯する場所として描かれ、主人公たちの人生に大きな影響を与えます。ゲームの興奮、勝利の喜び、そして負けの絶望が、カジノのシーンを通じて生き生きと表現されています。カジノは、この映画において単なる背景ではなく、物語の重要な要素として機能しています。

カジノの描写

La Baie des anges

『天使の入江』は、ジャック・ドゥミの作品の中でも際立っているとともに、ジャンヌ・モローの演技キャリアのハイライトの一つとして評価されています。この映画は、恋愛、ギャンブル、そして人間の感情の複雑さを巧みに描き出しており、映画愛好家やカジノファンにとって見逃せない作品です。

La Baie des anges (1963) IMDb
Director: Jacques Demy

Chloéプロフィール

Chloé Fontaineは、情熱的で芸術的な視点を持つアート&ライフスタイルの編集者。マルセイユ出身の彼女は、クラップスにおける感覚的なプレイスタイルで知られ、カジノゲームとライフスタイルの美学を融合させた独自の視点を提供します。彼女の記事は、カジノゲームの魅力をアートとして捉え、読者に新たなインスピレーションを与えます。

Facebook / Twitter / YouTube / CASINO GOD 編集部

    12月 13, 2023

    error: 右クリックや範囲選択はできません。