スポーツベッティング

日本におけるスポーツベッティングとファンタジースポーツの浸透:新たなビジネスの地平を探る

9月 3, 2023

日本におけるスポーツベッティングとファンタジースポーツ

スポーツへの情熱は、グローバルな規模で人々の心を捉えてきましたが、その情熱をビジネスのチャンスに変える方法が進化しています。特に、スポーツベッティングとファンタジースポーツは、多くの国々でエンターテインメントの新しいフロンティアとして成長しています。しかし、このトレンドは日本にどのように影響しているのでしょうか?

【合わせて読みたい】

経済産業省とスポーツ庁が推進する『スポーツベッティング』解禁への道

経済産業省とスポーツ庁が推進する『スポーツベッティング』解禁への道:新法案と詳細資料の全容

ブックメーカー完全ガイド!世界で大人気の海外ブックメーカーとは?

はじめに

スポーツベッティングとは、あるスポーツイベントの結果や成績に賭けをする行為を指します。一方、ファンタジースポーツは、実際のスポーツ選手のパフォーマンスに基づいて仮想的なチームを作り、その結果を競うゲームです。これらの活動は、アメリカやヨーロッパで長い間人々の間で人気があり、巨大な産業として成長してきました。

近年、日本でもこの波が訪れつつあります。例えば、株式会社mixiは、GoogleCloudを利用して、Web ブラウザ画面上で競輪のリアルタイム中継を楽しみながら車券の購入ができるという新感覚スポーツ ベッティング サービスを展開し、新しい競輪ファンを増やす事に成功しています。

かつては外国の文化として捉えられていたこれらのエンターテインメントが、日本のスポーツ文化とどのように結びつき、新しいビジネスのチャンスを生み出しているのかを、本記事では詳しく探ることにします。

当サイトのアドバイザー

monsieur.J.D プロフィールJ.D(MonsieurJ.D)はカジノの権威であり、20年以上の経験を持つプロプレイヤーです。特にポーカーとブラックジャックに秀でており、彼は自身の戦略をCasinoGODの記事で共有しています。彼の独自のプレイスタイルと深い洞察力は、新世代のプレイヤーにも大きな影響を与えています。金融消費カジノ全般時事にも詳しくアドバイザーとしても活躍している。

X(Twitter):Casino_God_Site

 

歴史的背景

スポーツベッティングとファンタジースポーツは、近年のブームとは別に、それぞれが持つ長い歴史があります。

アメリカやヨーロッパの背景

アメリカでは、ファンタジースポーツは1980年代から存在し、特にインターネットの普及と共に大きなブームとなりました。NFL(アメリカンフットボール)を中心に、ファンが自分の仮想チームを組成し、実際の試合結果をもとにポイントを競う形式が主流となっています。一方、スポーツベッティングはヨーロッパを中心に長い歴史を有しており、サッカーや競馬など多岐にわたるスポーツで盛んに行われています。

日本の発展

日本では、2000年代後半からファンタジースポーツの認知が広がり始め、特にプロ野球やJリーグを対象としたサービスが登場。一方で、スポーツベッティングは競馬、競輪、競艇など公営ギャンブルとしての位置づけが主でありましたが、近年、デジタル化の進展と共に新しい形態のサービスが出現してきています。

ブックメーカーとは?スポーツベッティング解説

日本の主要なプレイヤー

日本のスポーツベッティングとファンタジースポーツの市場は、以下の主要なプレイヤーによって牽引されています。

マイネット

ソーシャルゲーム運営としての強固な基盤を持つマイネットは、21年にプロ野球を対象としたファンタジースポーツサービスを開始。ゲームの要素を取り入れた独自のサービスで、多くのファンを魅了しています。

Mixi

「ティップスター」という競輪をベースとしたベッティングゲームを提供。ゲーム内の無料メダルを使用して賭けを楽しむことができ、実際のリターンも期待できるモデルとなっています。

株式会社ミクシィの新サービス『TIPSTAR』は、アプリあるいは Web ブラウザ画面上で競輪のリアルタイム中継を楽しみながら車券の購入ができるという新感覚スポーツ ベッティング サービスです。その最大の特長は、テレビ放送とは異なる独自の編集が施されたポップな中継映像や、TIPSTAR と呼ばれる演者たちが独自のレース予想を繰り広げ、ユーザーがそれに「のっかりベット」できるといった、従来のベッティング サービスになかったエンターテインメント性の高さ。これにより、サービス登録者の半数弱が女性で年齢層も 20~30 代が中心という、従来と全く異なる新しい競輪ファンを生み出すに至ったことでも話題になっています。

参考資料:株式会社ミクシィ:スポーツ ベッティング サービス『TIPSTAR』を Google Cloud 上に構築、プレミアム サポート導入で開発を加速(GoogleCloudブログ)

Mixiの新たな取り組みはスポーツ業界だけでなく、IT業界そして経済産業省や国にも大きな影響を与え、スポーツベッティング解禁への大きな後押しとなりました。

参考資料:

サイバーエージェント

AbemaTVを通じて競輪の中継を提供する一方で、「Winticket」という投票サイトも運営。短期間で取り扱い高を大きく伸ばし、デジタルベッティングの新たなスタンダードを築いています。

それぞれが異なるアプローチで市場に参入しており、この競争が今後の市場の発展を促進しているのは間違いありません。

スポーツチームの関与

スポーツベッティングやファンタジースポーツの市場拡大は、プロスポーツチームにも新しい機会をもたらしています。特に、千葉ジェッツやFC東京などのチームは、これらの新しいトレンドと積極的に関わりを持ち始めています。

千葉ジェッツ

千葉ジェッツは、ファンタジースポーツのプラットフォームと提携し、専用のリーグを開始。ファンが実際の選手のパフォーマンスを基に仮想チームを組成し、リアルタイムで試合結果をもとに競い合います。これにより、試合観戦のエンターテインメント性が向上し、ファンのエンゲージメントが一層深まっています。

FC東京

一方、FC東京は、スポーツベッティングのプラットフォームとの提携を通じて、マッチデイの特別なベッティングオプションを提供。これにより、観戦者の試合への注目度が増し、スタジアムの雰囲気や観戦体験が一層豊かになっています。

収益とファンとの関係

これらの取り組みは、チームの収益源としても注目されています。ファンタジースポーツやベッティングのプラットフォームとの提携により、広告収入やライセンス料、さらには新しいファン層の獲得という形で収益の増加が期待されています。さらに、ファンとの関係も深化し、試合への関心やエンゲージメントの向上が見込まれています。

法的・倫理的側面

スポーツベッティングやファンタジースポーツの成長とともに、これらの活動を取り巻く法的・倫理的な側面も注目の的となっています。

日本の法律や規制

日本では、公営ギャンブルを除いて賭博は基本的に禁止されています。しかし、ファンタジースポーツはスキルを要するゲームとしての側面が強いため、その法的位置づけは曖昧となっています。近年、これらのサービスの普及とともに、規制の再検討や調整が行われる動きも見られ、今後の法的な方針が注目されています。

社会的議論や問題点

スポーツベッティングやファンタジースポーツの普及に伴い、ギャンブル依存症の問題や、スポーツの純粋性を損なう可能性に関する議論も活発化しています。特に、未成年の参加制限やゲーム内の課金に関する問題は、社会的な議論の中心となっています。

日本のスポーツベッティングを知るのに役立つ資料と動画

本章では、日本のスポーツベッティングを知るのに役立つ資料と動画をいくつかご紹介いたします。

DX時代のスポーツビジネス・ロー入門

日本のIT企業が参入するギャンブル市場|ABEMATV

GoogleCloudとMIXIの成功事例

株式会社ミクシィ:スポーツ ベッティング サービス『TIPSTAR』を Google Cloud 上に構築、プレミアム サポート導入で開発を加速(GoogleCloudブログ)

人気の海外スポーツベッティング

以下、海外のスポーツベッティングで人気のブックメーカーを紹介します。

Sportsbet.io(スポーツベットIO)

sportsbet-io

Sportsbet.ioは、オンラインスポーツベッティングプラットフォームで、スポーツの試合やイベントに賭けることができるサービスです。主にスポーツベッティングを提供しており、世界中のさまざまなスポーツに関する賭けが行えます。

サッカーやバスケットボール、テニス、アメリカンフットボールなど、多岐にわたるスポーツの試合結果やイベントの予想に賭けることが可能です。さまざまな試合形式やオッズが提供され、ユーザーは自分の予想を通じて賭けを楽しむことができます。

William HILL(ウィリアムヒル)

William HILL(ウィリアムヒル)は、英国を拠点とする老舗のギャンブルおよびベッティング企業です。ウィリアムヒルは、スポーツベッティング、カジノゲーム、ポーカーなど、さまざまなギャンブル関連のサービスを提供しています。同社は長い歴史を持ち、世界中で高い知名度を誇るブランドのひとつです。

結論

スポーツベッティングとファンタジースポーツは、今後も日本のスポーツエンターテインメントの中心的な存在として、その地位を確立していくでしょう。

今後の役割: これらのサービスは、スポーツ観戦の新しいスタイルとして定着するとともに、スポーツ業界の新たな収益源としての役割を担っていくことが期待されます。しかし、その発展とともに、適切な規制やガイドラインの整備も必要となるでしょう。

新たなビジネスチャンスや挑戦: スポーツベッティングやファンタジースポーツの市場は、新しい技術の導入や革新的なサービスの提供を通じて、さらなる拡大を目指しています。一方で、社会的な課題や法的な問題を適切に取り扱いながら、持続的な成長を実現することが求められるでしょう。

ブックメーカー&スポーツベッティングの基本ガイド【超初心者向け】

ブックメーカー&スポーツベッティングの基本ガイド【超初心者向け】

参考資料:

関連ニュース

当サイトは、国内外のカジノ活動のための厳正な情報を提供し、業界全体の『健全なカジノ文化』の発展と推進を応援しています。

-スポーツベッティング
-, , , , , ,